親子フィラー 誰でも安心なアンカーボルトの設計施工ができる!

開発・販売:株式会社構造工学研究所
Tel:03-5981-5621 Fax:03-5981-5622

●ホーム
●製品情報
●設計
●施工
●ダウンロード
●お問い合わせ

■はじめに
親子フィラーはアンカーボルトとベースプレートの組み合わせのところであれば、どのような箇所にも使用できます。
一般に設計された柱脚などに組み合わせて、自由な発想でご利用ください。


■親子フィラーの仕様 その1
ベースプレートにルーズホールをあけてください。
あける孔径はボルトのサイズにより決められています。
ボルト  孔径
M16 → φ40
M20 → φ45
M22 → φ50
M24 → φ50
M27 → φ55
M30 → φ55
M33 → φ60
M36 → φ65
M39 → φ75
M42 → φ80
M45 → φ85
M48 → φ90
ルーズホール

■親子フィラーの仕様 その2
ベースプレートの形状を確認してください。
・親子フィラーがうまくベースプレートにおさまるように、最小の縁端距離と、部材間距離を決めています。
・使用できるベースプレートの板厚は、ボルト径によって決められています。

ベースプレート

ボルト径 縁 端 距 離 部材間距離

板  厚

M16 31.5 mm 35.0 mm 9〜20 mm
M20 36.0 mm 37.5 mm 9〜20 mm
M22 39.5 mm 40.0 mm 22〜32 mm
M24 42.5 mm 42.5 mm 24〜36 mm
M27 47.5 mm 45.0 mm 27〜40 mm
M30 50.0 mm 47.5 mm 30〜45 mm
M33 55.0 mm 50.0 mm 33〜50 mm
M36 60.0 mm 55.0 mm 36〜55 mm
M39 67.5 mm 60.0 mm 39〜60 mm
M42 72.5 mm 65.0 mm 42〜65 mm

M45

77.5 mm 65.0 mm 45〜70 mm
M48 82.5 mm 70.0 mm 48〜75 mm

■親子フィラーの仕様 その3
・材質:引張強さF=490N/mm2以下(降伏耐力=325N/mm2)
建築柱脚用途の場合は、下記の柱脚に適したアンカーボルトを推奨します。
ABR400/490 (構造用転造両ねじアンカーボルトセット)
ABM400/490 (構造用切削両ねじアンカーボルトセット)
※ABR,ABMは、JIS規格、JSS規格のいずれでもOK

▼外部リンク(建築用アンカーボルトメーカー協議会)
ABR: http://www.jfma.com/standard/jis02.html
ABM: http://www.jfma.com/standard/jis03.html


■親子フィラーの仕様 その4
親子フィラーのフランジ板厚分だけ、余長を長くしてください。
余長

■まとめ
以上で、親子フィラーの設計は終了です。簡単ですね♪
SASST技術評価で安全が確かめられているので、構造計算による検討等は、必要ありません。


ホーム | 製品情報 | 設計 | 施工 | ダウンロード | お問い合わせ
Copyright © 2013 OyakoFiller. All Rights Reserved.