ご利用の流れ

構造設計料の御見積
メールまたはFAXなどで、寸法がわかる平面・立断面図をお送り下さい。
計画図にもとづき御見積書を作成いたします。
このときに構造計画上の問題点がございましたら、アドバイスいたします。
御見積条件のご確認
御見積内容に承諾いただけましたら、電話・メールなどでご連絡をお願いいたします。
必要に応じて契約書を作成いたします。
仮定断面の算出
柱のサイズ、大梁の梁せいなど意匠上の納まりを検討するための簡易的な仮定断面をお出しいたします。
なお、工事費算出するための精度を要する概算メンバーをお出しする場合は、納まりなど分かる意匠図および地盤データの提出をお願いいたします。
構造設計の開始
確定した意匠図および地盤データをいただきましたら、建築確認申請で必要となる計算書および構造図を作成いたします。
構造計算の終了
電子メールにて、構造計算書(PDF)、構造図(PDF、jwwもしくはDXF)をお送りいたします。
なお、有料にて郵送での納品も行っております(送料+印刷代)。別途、ご相談ください。
確認申請
建築確認申請にて、構造上の指摘事項が発生した場合は、ご連絡ください。
質疑回答書を作成し、電話・メールにて確認検査機関へ対応いたします。
事前確認をいただきましたら、質疑回答書をお送りいたしますので、差し替えにつきましては、ご依頼者様のほうでお願いいたします。
お支払い
構造計算書を納品しました月の末日を締日として、請求書をお送りいたします。
適判物件の場合は、別途ご相談させていただきます。