施工する際のご注意

親子フィラーの施工に必要な資格はありません。誰でも施工することができます。施工の流れは以下の手順によります。

  1. 位置決めをされた鉄骨柱のアンカーボルトに沿って親フィラーを挿入します。
    この場合、アンカーボルトの偏心方向には鍔の狭い方を合わせると作業が楽です。
  2. 次いで子フィラーを親フィラーの中に挿入します。
    クルクルと回転させながら行うと、すとんと中に納まります。
    納まらない場合は、親フィラーを少し回転させてください。
  3. その後、平座金、ナットの順に設置し、(仮止め)作業は終了です。
  4. その他、以下の各点にもご注意ください。
    • 平座金の設置をお忘れなく。
    • アンカーボルトサイズと親子フィラーのマッチングが必要です。
    • 弊社が提供するのは、親・子フィラーのみです。平座金・ナット等は扱っておりません。
    • 弊社では、施工対応を行っておりません。

施工の一例


  • アンカーボルト

  • 設置された鉄骨(BPL)

  • 親フィラーの設置

  • 子フィラーの設置

  • 平座替え・ナットの設置

  • 親子フィラー取付状況

親子フィラーが現場納入される際、個々の箱の中には、簡単な取説(出荷時同梱包資料)が入っていますので、参考にしてください。

親子フィラーを使用した柱脚の実例も掲載しております。